はじめての一人暮らし 初期費用編 | 笠間市・水戸市周辺の不動産をお探しなら株式会社西友不動産にお任せ下さい。

水戸市・笠間市や周辺エリアの賃貸・不動産のことなら株式会社西友不動産

お部屋を借りるときの
「初期費用」とは?


お部屋を借りるときには、毎月支払う『家賃』だけではなく、最初だけかかる敷金や仲介手数料などの『初期費用』、また更新の時にかかる『更新料』なども忘れてはいけません。
その中でも初期費用はまとまった金額が必要になります。具体的な中身や相場を見ていきましょう!

  • 初期費用の内容

 

敷金
賃料1カ月分が目安


敷金は、解約期間中に滞納があった場合や、お部屋を損傷させてしまった場合の担保として、借主(入居者さん)が貸主(大家さん)に預けておくお金のことです。

もちろん預り金なので、退去時には返金されます。実際にはお部屋を退去した後のクリーニング費用や、壊れてしまった箇所の修繕費用(これらを原状回復費用といいます)のうち借主負担になる金額を、敷金から精算して余りがあれば返金、不足があれば不足分を請求となります。


最近では、敷金なしの物件も増えていますが、敷金の代わりにクリーニング費用を入居時にお支払い頂く場合がほとんどです。

礼金
賃料1カ月分が目安


契約時に貸主(大家さん)へお礼としてお支払いする費用です。敷金とは違い退去時の返金はありませんし、原状回復費用に充てられることもありません。

敷金1ヶ月と礼金1ヶ月は同じ金額に見えて内容が大きく違います。気になる物件はどんな条件になっているかをよく確認し検討しましょう。

クリーニング費用
3万円~7万円が目安


最近では敷金をお預かりするのではなく、退去時のクリーニング費用を契約時にお支払い頂く物件も多くなってきました。クリーニング費用は敷金と違って余る場合はありませんので、返金はありません。

また、入居時にクリーニング費用をお支払頂いていても、お部屋の使い方が原因で通常のクリーニングでは清掃しきれず、特殊な清掃が必要になっってしまった場合には、別途追加費用が発生する場合も稀にあります。
そうならないように、日頃からマメにお掃除をしてお部屋をキレイに使うようにしましょう。

仲介手数料
賃料1カ月分+消費税


仲介した会社(不動産会社)が受け取る手数料です。宅地建物取引業法で仲介手数料は「賃料の1カ月分」が上限と定められています。手数料なので消費税が別途かかります。

保証委託料
賃料等の0.5ヶ月~1ヶ月が目安


西友不動産で取扱うほぼ全ての賃貸物件では、連帯保証人をたてて頂くのではなく、保証会社を利用して頂くのが契約の条件です。物件によって、どの保証会社に加入していただくかは概ね決まっています。

初回(契約時)のみ保証料がかかる場合や、1年毎または2年毎に更新保証料がかかる場合、また月額の保証料がかかる場合あります。

保証会社は入居審査も行います。毎月の賃料を支払っていける収入があるか、もしくはこれまでに賃料の滞納履歴や、携帯料金の未払い、クレジットカードの引き落としなどの信用情報を審査します。また、毎月のお家賃は保証会社が引き落としをかけます。

火災保険料
1.5万円~2万円が目安


火災によるご自身の家財(家具・家電品など)の損害や、大家さんや他人に対して賠償責任を負った場合などに備え火災保険に加入する必要があります。部屋の広さや補償内容によって保険料が変わります。

ご自身でお付き合いのある保険会社の保険に加入していただくことも可能です。その場合は、最低どれだけの補償が必要か契約担当者へご確認ください。


契約期間の途中で退去(保険の解約)をすると、残りの契約期間分の保険料が返戻されます。

 

鍵交換費用
1万円~2万円が目安


入居時にお部屋の玄関鍵を新しくするための費用です。カードキーやオプナスキー、またタブルロック(ドアに鍵穴が2カ所あるタイプ)など様々ですので金額も物件により変わります。

入居サポート料
1.5万円~2.5万円が目安


24時間サポートの費用がほとんどです。物件によって内容が多少変わりますのでよく確認しましょう。
最近では、月額の費用として家賃と併せてお支払い頂く物件が多くなってきました。

室内消毒費用
1万円~2万円が目安


クリーニングは前の入居者の費用負担で行われますが、お部屋の消毒は新たな入居者の費用
負担です。消毒された清々しいお部屋で、新生活を気分よくスタートさせましょう!

簡易消火剤
5千円~8千円が目安


万が一の火災の際の初期消火の為、また逃げ道を確保する為にもお部屋に置きましょう!

町内会費等


区費や消防費、協力金など物件の所在する自治会へ支払う費用です。直接自治会へ支払うのではなく入居者は初期費用または毎月の家賃と一緒に支払い、貸主(大家さん)が自治会へまとめて支払う場合に必要となります。

前家賃


毎月の家賃は、月末までに翌月分の賃料を支払うことが一般的で、例えば、11月1日から入居した場合は、11月分の家賃を、11月の途中から入居した場合は、11月の日割家賃と12月分を初期費用として支払ます。(※ここでいう家賃は、賃料・共益費・駐車料・保証料・サポート費など毎月かかる全ての費用をさします)

日割家賃


契約開始日が月の途中の場合、その月の家賃は日割りです。

例えば、契約開始日:11月13日 賃料:5万円 共益費:3千円 駐車料:無料 サポート費1千円の場合
 ■賃料    50,000円 × 18日分(13~30日)÷ 30日 = 30,000円
 ■共益費     3,000円 × 18日分(13~30日)÷ 30日 =   1,800円
 ■駐車料        0円 × 18日分(13~30日)÷ 30日 =        0円
 ■サポート費   1,000円 × 18日分(13~30日)÷ 30日 =    600円
                      合計        32,400円

このように計算するのが一般的です。ただし契約内容によっては計算方法が違う場合もあります。

 

  • 初期費用の相場はおよそ賃料の6カ月分!

ここまで見てきたように、初期費用の総額については、初期費用の総額については物件や募集条件にもよりますが、賃料の6ヶ月前後と考えておくといいでしょう。

■ 敷金1カ月

■ 礼金1カ月

■ 仲介手数料1カ月

■ 保証料1カ月

■ 保険料・鍵交換・その他費用など約1カ月

■ 前家賃1カ月+日割家賃


ざっとこれだけでも
賃料の6ヵ月分前後の費用
が必要になります。

 

初期費用を安く抑えるコツ

①礼金を抑えた物件を探す!


敷金がゼロでもクリーニング費用がかかる場合がほとんどです。初期費用でどちらもかからない場合でも、最終的には退去時にクリーニング費用がかかります。敷金は1ヶ月分預けても、礼金がゼロもしくは安い物件を探してみましょう。

②閑散期を狙う!


お部屋探しのピーク時期は、不動産業界の繁忙期といわれる1~4月頃です。この時期は入学や入社また転勤など、春の新生活に向けて『必ずそのタイミングで引越ししなければならない人』が多く、いい物件はみんなが取り合いになる状況になるので、売り手市場と言っても過言ではありません。

逆に、ゴールデンウイーク~夏場は閑散期となり、じっくりお部屋探しができるうえに、家賃や初期費用の交渉にも大家さん側が応じてくれる可能性が高くなりますのでオススメです。

 

③契約開始日を〇月1日に設定する!


1日からの契約開始だと、日割家賃が発生せず初期費用で支払う家賃は当月分だけになります。『契約開始日』イコール『引越ししなければならない日』ではありませんので、是非検討してみてください。

ただし、実際に住み始めていなくても契約開始日から家賃が発生します。初期費用を抑えられるからと言ってやみくもに1日から契約を開始すると、かえって家賃を無駄に払うだけにもなりかねません。よく考えて決めましょう。

④築年数の経過している物件や空室期間が長い物件を狙う!


一言でいえば人気のない物件です。ただし、『駅やスーパーまで遠い』とか『和室が好きじゃない』とか他のみんなにとって人気がなくても、あなたにとっては取るに足らない理由かもしれません。駅やスーパーが遠くても、車生活ならほとんど気になりません。畳の部屋はかえってのんびりできますし、防音対策にもなります。見た目が嫌ならカーペットを敷けばいいのです。
みんなに人気がない物件は空室期間が長くなりやすく、大家さんも交渉に応じてくれる可能性がありますよ。 

⑤交渉事は申込前提で!


注意が必要なのは、あれもこれもと交渉してしまうと、管理会社や大家さんに不審がられ入居審査でNGが出てしまうこと。
やみくもに交渉せずに、まずは気に入った物件を見つけて、『その条件がOKならば今日必ずそのお部屋に決めます。』といった申込前提だと希望がとおる可能性が高くなりますよ。

初期費用のご相談に関しても、当社にご相談ください。